オンライン英会話 ビジネス

ビジネス英語・ビジネス英会話を学びたい!

オンライン英会話 ビジネス

 

オンライン英会話サービスを利用してビジネス英会話を学びたいけど、似たようなサービスが多すぎてどこを選べばいいのかわからないという悩みを抱えている人は多いでしょう。

 

また、ビジネス英会話は日常で使う英会話とは違ったアプローチでの学習が必要です。ですから、日常英会話を学ぶより慎重にサービスを選ばないと、欲しい成果が出せずにお金だけでなく時間も無駄にしてしまう可能性があります。

 

しかし別に言い方をすれば、ビジネス英会話に最適なオンライン英会話サービスで学習すると、無駄なく効率的にビジネス英会話を習得することができます。

 

そこで今回は、お金も時間も無駄にせずにビジネス英会話を学びたいという人のために、ビジネス英会話と日常英会話の違いを解説した後に、オススメのオンライン英会話サービスをランキング形式で紹介していきます。

 

 

ビジネス英会話と日常英会話の違い

 

そもそもビジネス英会話と日常英会話の違いがよくわからないという人のために、ビジネス英会話と日常英会話はどこが違うのかを解説していきます。

ビジネス英会話の特徴

ビジネス英会話では、日常英会話に比べてより丁寧な表現を使います。例えば、「Can you 〜?」を「Could you〜~?」というような形です。また、同じような意味の単語でもよりフォーマルな単語を使用します。「しかし」という意味の単語である「but」を「however」にするなどがその一例です。

 

その他の特徴としては、特定の分野における専門用語があったり、関係代名詞が多用されがちで複雑な文構造になったりする点です。

日常英会話の特徴

日常英会話の最大の特徴としては、主語が短縮されたり、「want to」が「wanna」やbecause」が「cuz」といった具合に省略形になることです。

 

また、フォーマルな表現よりカジュアルな表現を使用します。
例えば、「I am looking forward to seeing you」という表現より「I can't wait to see you」という表現が好まれます。

 

ビジネス英語・英会話にオススメのオンライン英会話

Bizmates(ビズメイツ)
Bizmates(ビズメイツ)

 

Bizmates(ビズメイツ)は、ビジネス英会話に特化したオンライン英会話サービスです。

 

 

Bizmates の特徴

Bizmates はビジネス英会話に特化しており、日常英会話のコースは存在しません。教材やカリキュラムも他のオンライン英会話サービスよりもハイレベルで、講師陣は全員フィリピン人ですが、豊富なビジネス経験を有しています。

 

レッスンを予約する際は、以下の4つのプログラムから選択できます。

 

  • Bizmates Program→段階的かつ体系的に「ビジネスで成果を上げる英語」が身につく
  • Other Program→身につけたい特定スキルにフォーカスして習得できる
  • Assist Lesson→プレゼンやメールを添削してくれるサービス
  • Bizmates Discovery→異文化ディスカッションが行えるサービス

 

このように4つのプログラムが用意されているため、状況に応じたレッスンを受けることができます。例えば、普段は Bizmates Program を受講して、直近で英語でのプレゼンを任された時は Assist Lesson を受講することができます。

 

また、クオリティが高い動画コンテンツも充実しており、スキマ時間を使って学習することができます。

 

料金設定は月額定額制となっており、毎日1レッスン(25分)だと12000円、毎日2レッスン(50分)だと18000円です。オンライン英会話としては比較的高い料金設定ですが、クオリティを考慮すると、かなりコストパフォーマンスが高いオンライン英会話サービスです。

 

こんな人にオススメ

 

Bizmates に向いているのは、本気でビジネス英会話を学びたい人です。

 

 

 

>>Bizmatesの公式サイトはコチラ

 

 

NativeCamp (ネイティブキャンプ)
NativeCamp (ネイティブキャンプ)

 

NativeCamp (ネイティブキャンプ)は、業界初!予約不要で24時間365日好きな時にレッスンが受けられるオンライン英会話サービスです。

 

 

NativeCamp の特徴

NativeCamp 最大の特徴は、1日に何度でもレッスンを受けられることです。言い換えれば、毎日レッスンを受けることが難しい人でも、レッスンを受けられる日にまとめて受講することができます。

 

また、講師は全員フィリピン人ですが、他のオンライン英会話サービスの多くが自宅勤務型のサービスなのに対して、NativeCamp はオフィス勤務型のサービスなので通信環境がいいこともメリットの一つです。

 

さらにレッスンは24時間365日受講可能かつ予約が要らないため、思い立ったらすぐにレッスンを受けることができます。それにもかかわらず、料金設定は月額5500円というオンライン英会話サービスの中でもトップクラスの安さを誇ります。

 

もちろんビジネス英会話にも対応しており、教材でのロールプレイも可能。無料お試し期間が1週間あるのも NativeCamp ならではの特徴です。

 

こんな人にオススメ

 

NativeCamp に向いているのは、とにかくアウトプットして数をこなしたい人や1日にまとめてレッスンを受講したい人です。

 

 

>>NativeCampの公式サイトはコチラ

 

 

DMM英会話
DMM英会話

 

DMM英会話は、ネイティブを含む100カ国以上の国籍の講師陣を誇るオンライン英会話サービスです。

 

 

DMM英会話 の特徴

 

DMM英会話では、ネイティブを含む105カ国の講師陣から24時間365日体制でレッスンを受けられます。さらに、業界随一の教材の豊富さを誇り、7723以上の教材を目的別に使用できます。

 

また、DMM英会話の有料会員になると、月額1000円以上する有料の英語学習アプリ「iKnow!」が無料で使えます。

 

料金も月額5980円で1日25分のレッスンを受けることができ、1日あたり193円と業界ではトップクラスの安さです。ただし、ネイティブのレッスンを受けるには、月額15800円のプラスネイティブプラン(1レッスンあたり510円)を受講しなければなりません。

 

ビジネス英会話にも対応しており、市販のクオリティの高い教材を無料で使うことができます。クレジットカードの登録なしで2回まで無料お試し体験ができるのも魅力的です。

 

こんな人にオススメ

 

DMM英会話は基本的にどんな人にでもおすすめですが、特に文法よりも会話力を身につける段階の初心者の方に最適です。

 

 

>>DMM英会話の公式サイトはコチラ

 

 

産経オンライン英会話
産経オンライン英会話

 

産経オンライン英会話は「運営母体が大手」だから「安心」して選ばれているオンライン英会話サービスです。

 

 

産経オンライン英会話 の特徴

 

産経オンライン英会話は、業界で初めて国際規格である教育ISO規格を2つ取得しているクオリティの高いサービスです。さらに、講師もフィリピン人のみですが、厳しい採用プロセスを通過した講師陣の質は高いです。

 

さらに、約1200種のレベル別・目的別オリジナルテキストが無料で利用可能かつ中級までのテキストには日本語訳も併記されており、初心者の方でも安心。日常英会話やビジネス英会話はもちろん、職業別の英会話カリキュラムも充実しています。

 

料金プランも柔軟で、毎日1レッスン(25分)コースが月額5980円とリーズナブル。平日は疲れていて厳しいという方にも、週末毎日50分プランという、金土日に2レッスンずつ受講可能なプランが同じく月額5980円で提供されています。無料体験レッスンも2回まで可能です。

 

こんな人にオススメ

 

産経オンライン英会話に向いているのは、格安でクオリティの高い講師のレッスンを受けたい人かと思います。

 

 

>>産経オンライン英会話の公式サイトはコチラ

 

 

EFイングリッシュライブ
EFイングリッシュライブ

 

EFイングリッシュライブは、世界120カ国2000万人に選ばれた世界最大級のオンライン英会話サービスです。

 

 

EFイングリッシュライブ の特徴

 

EFイングリッシュライブは、ネイティブ講師から24時間いつでもレッスンを受けることができます。また、他のオンライン英会話サービスにはない世界中の生徒とグループレッスンの受講が可能。レッスン後に丁寧なフィードバックも受けられます。

 

それに加えて、いつでもアクセスできるオンライン教材ではリスニング・スピーキング・リーディング・ライティング全ての技能を伸ばすことができ、オンラインレッスンと併用することでより英語力を伸ばすことができます。

 

料金体系としては、月額8532円でグループレッスンが30回、マンツーマンレッスンが8回受けられます。無料体験レッスンでは1週間以内でプライベートレッスン1回とグループレッスン4回を受講可能です。

 

こんな人にオススメ

 

EFイングリッシュライブに向いているのは、世界中の生徒とのグループレッスンでより実践的な英会話の練習がしたい人です。

 

 

 

>>EFイングリッシュライブの公式サイトはコチラ

 

 

エイゴックス
エイゴックス

 

エイゴックスは、ネイティブ・日本人バイリンガル・フィリピン人講師が選べるオンライン英会話サービスです。

 

 

エイゴックス の特徴

 

エイゴックス最大の特徴は、レッスン前にネイティブ・日本人バイリンガル・フィリピン人の講師をその都度選ぶことができることです。

 

料金はポイント定額購入プランとなっていますが、毎月800ポイントで3900円、毎月1200ポイントで7500円です。ちなみに2018年5月12日現在では、ネイティブと日本人バイリンガルは1レッスン100ポイント、フィリピン人講師は1レッスン20ポイントです。

 

近日中にフィリピン人講師のポイントが40ポイントに値上がりしてしまいすが、同時にフィリピン人講師による毎日レッスンプランが月額5500円開講されます。お試し無料レッスンが6回まで可能なので、自分に向いているのかどうか試してみるのもいいかもしれません。

 

こんな人にオススメ

 

エイゴックスに向いているのは、ネイティブ・日本人バイリンガル・フィリピン人を使い分けてレッスンを受けたい人です。

 

>>エイゴックスの公式サイトはコチラ

 

 

Best Teacher(ベストティーチャー)
Best Teacher

 

Best Teacher(ベストティーチャー)は、ライティングとライティングを両方鍛えられる唯一のオンライン英会話サービスです。

 

 

Best Teacher(ベストティーチャー)の特徴

 

Best Teacher(ベストティーチャー)は、ネイティブを含む50カ国以上の多彩な講師陣から24時間いつでもレッスンを受けることができます。

 

Best Teacher の日常英会話コース(月額12000円)では、レッスンで話そうと思っている自身の状況についてのライティングを講師に提出して、添削を受け、添削された文のリーディングやリスニングを工程を踏んでからスピーキングのレッスンに入ります。

 

その他、TOEFL iBT や IELTS、TOEIC SW などの英語4技能試験の対策などができる月額16200円コースも受講可能。無料体験レッスンに関しては、ライティングからオンラインレッスンまでの流れを一通りやってみるという内容です。

 

こんな人にオススメ

 

Best Teacher に向いているのは、英作文に英会話だけでなく、ライティングにも力を入れたい人です。

 

 

>>Best Teacherの公式サイトはコチラ

 

 

 

まとめ

 

今回は、ビジネス英会話に最適なオンライン英会話サービスをランキング形式で紹介しましました。ビジネス英会話を習得してみたい人は、まずは無料体験レッスンに申し込んでみましょう。